亡くなった友人の交通事故体験談

バイクでの交通事故となります。友人は自分と幼少からの知り合いですがほんとうにバイクが大好きな人でありました。幼少のころですが、自転車のマウンテンバイクをバイクに見立てて走行をしていたくらいの人物でありました。高校に入学をするとすぐに原付免許を取得して、バイトをおこない、原付を購入して、乗り回しておりました。高校を卒業すると今度はビッグスクーターなどを購入して、さらに派手にのりまわすようになりました。そして24歳のときに事故を起こしてしまい、なくなったのです。雨天時でした。彼は六甲山でツーリングを楽しんでいたのですが、猛スピードでカーブを曲がろうとして、雨の水でスリップをしてしまい、激しく転倒をしたのです。周囲の車を巻き込んでおらず、一人での交通事故となりました。打ち所が悪く、即死の状態であったようです。間抜けな話に思えますが、雨天時などは交通事故などが通常時と比較をすると倍以上に確率が跳ね上がるそうです。自分も原付を保有しており、たまに運転をさせていただきますが、雨天時などはしっかりとスピードを落として走行をするようにおこなっております。友人のことはほんとうにショックな出来事ではありますが、自分も交通事故を起こさないようにしっかりと気をつけていきます。

じぶんは現在ですが、29才の男性会社員をおこなっております。今から記載をさせていただくのは、自分の体験談となります。自分は21歳のときに交通事故を発生させしまいました。幸いですが、負傷はでずにすみ、よかったことです。自分はスーパーで買い物をおこない、それが終えると地下の駐車場に駐車をしていた車を出そうとしたのです。道路に出る際ですが、しっかりと左右確認をおこないました。ですが、そのときに対向車が猛スピードでむかってきたので、自分は接触をさけるために、あわててギアをバックにいれ、バックを開始しました。ですが自分の後ろにすでに後続車がいて、そこで接触をしてしまう形になりました。責任は自分にすべてがいってしまい、賠償金なども支払いました。幸いですが、後続車の乗車者に負傷者がいないことがよかったです。このことによって自分は一時期ですが、免停などにもなってしまいました。自分は故意に事故をおこしてしまったというわけではありませんが、交通事故はほんとうに起こしてはいけないことだと考えております。相手に負傷させてしまうことが一番申し訳ないと思いますが、それだけでなく、自分も負傷をしてしまったり、今回のように免停となってしまい、私生活などにもいろいろと支障をだしてしまうことになってしまうからです。この事故を起こしてから以来、自分はしっかりと交通ルールを守るようにしております。

じぶんは現在29歳の男性会社員をおこなっております。これは自分ではなく、親戚の叔父の体験談となっております。叔父は交通事故にあってしまい、足を骨折してしまったことがあります。自分もあまり詳しい事故などはあまりわかってはおりませんが、当時は叔父は自転車で移動をしておりました。しっかりと信号などを守っていたのですが、原付と激しく接触をしてしまい、転倒をしてしまったときに足を骨折してしまいました。交差点での接触となってしまい、信号などもなく、お互いの不注意で接触をしてしまったのです。ですが、人対バイクであるので、もちろんですが、バイクの運転者のほうに比があるとされました。叔父は現在では骨折などはしっかりと完治をしておりますが、それでも生々しい傷跡などが足に残っております。叔父がしっかりと交通ルールを守っていても、事故に遭遇をしてしまうのです。自分は交通事故にあったのではなく、あわせたしまったことがありましたが、交通事故はほんとうに起こしてはいけないと思います。悪いことは起こっても、いいことなどは絶対におこることはありません。自分自身も交通事故を発生させないようにこれからも自分は交通ルールをしっかりと遵守をして、生活を送っていきたいと考えております。家族などにも交通事故には遭遇をしてほしくはないです。

また、死亡事故に遭った場合、残された家族の生活を守るためにも慰謝料や損害賠償の請求をすべきです。死亡事故の場合、損害賠償額が大きいため、独力で保険会社と交渉するよりは、交通事故に強い弁護士に依頼して手伝ってもらった方がよいです。くれぐれも一人で示談交渉するのは避けた方がよいです。

交通事故に強い弁護士を探す|交通事故アスク